2017年03月22日

Chromeで日本語ページと英語ページをどちらもデフォルトでない別々のフォントで表示するには

 通常Chromeの設定でページ表示用フォントを指定する場合、日本語のフォントを選択するとアルファベットもそのフォントで表示されますし、アルファベットしか含まれないフォントを選択すると日本語はOSでデフォルトになっているフォントで表示されると思います。

 これだと、日本語フォントを自由に選択しつつ、英語のみのページでは別のアルファベットが見やすいフォントを使うといったことができません。

 ではどうすればいいでしょうか?

 こういう場合は、Chromeの設定と同時に、Stylishなどのクライアント側でCSSを指定できる拡張を併用する方法があります。

 まずChromeのフォント設定では、英語のみのページで使うためのアルファベットが見やすいフォントを選択します。

 次に、英語以外の、日本語のようにアルファベット以外の文字がメインのページを表示するためのフォントを指定するために、Stylishなどの拡張をインストールした上で、以下のようなCSSを書きます。

:lang(ja) { font-family: "Meiryo UI" !important; }


 このCSSによって、タグに"ja"の値を持つlang属性が付加されているページやテキストをMeiryo UIフォントで表示させることができます。

 以上、ウェブページを快適に見るための一つのアイデアでした。
posted by chrono at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | PC Tips