2015年12月23日

MSYS2環境でVala言語でプログラミング

 この作業を行った後、MSYS2環境でValaコードをコンパイルできるようにしたくて、mingw32用のtoolchainとvalaをインストールしてvalacを動かしたが、プログラムが足りないぽいエラーが出て失敗。

 -vオプションをつけて、再度valacを実行すると、存在しないccコマンドを起動しようとしてコケてる模様。そこで、--cc=gccオプションを追加して再度実行。無事、最低限のValaソースから実行ファイルをビルド成功。これでValaでもGTK+プログラミングして遊べそうだ。

 ちなみに、和書でも洋書でも刊行数が少ないGTK+プログラミング本。唯一(?)GTK+3対応のタイトルがこれ(↓)。なぜかサンプルコードの対応言語がValaとJavaScriptという変わった一冊。


GNOME 3 Application Development Beginner's Guide

 最近Valaプログラミング入門的な動画をチラッと見てみたら、その中でしゃべってる人がValaをヴァラと発音していた。てっきりヴェイラだと思ってた。ヴェイラの方がかっこ良くない?
posted by chrono at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング全般

2015年12月20日

GTK+のWindows向けバイナリがアップデート

 久しぶりにGTK+プロジェクトのページを見に行ったら、Windows向けバイナリがアップデートされていた。これを書いている時点でのバージョンは3.18.3。MSYS2環境のパッケージとしてインストールする形になった。

 インストール方法は以下の通り。

●MSYS2のインストール

 http://msys2.github.io/のページからインストーラをダウンロードして実行。インストーラは、32bit Windowsの場合、msys2-i686-*.exeを選ぶ。

●MSYS2のアップデート

 インストール終わりにそのままMSYS2を起動し、まず以下のコマンドラインを実行。

pacman --needed -Sy bash pacman pacman-mirrors msys2-runtime


 MSYS2を再起動してから、以下のコマンドラインを実行。

pacman -Su


●GTK+関連パッケージのインストール

 上記手順で既に使ったpacmanという名前のパッケージ管理ツールでインストールする。

 32bit環境であれば、MSYS2上で以下のコマンドラインを実行。

pacman -S mingw-w64-i686-gtk3


 このパッケージに必要なパッケージやAPIドキュメントも自動でインストールされる。インストールされる場所は、例えば、バイナリ(DLL)が"C:\msys32\mingw32\bin"、ドキュメントが"C:\msys32\mingw32\share\gtk-doc"、などとなる。

 同時にはインストールされないgtksourceview3なども、名前だけ書き換えて同じコマンドラインでインストールする。パッケージの検索については以下を参照。

●パッケージの検索

 パッケージを検索したい場合は、

pacman -Ss (パッケージ名の一部)


などとする。ちなみにhttp://sourceforge.net/p/msys2/wiki/Packages/のページで、過去の時点のパッケージ一覧と、一覧の取得方法を見ることができる。

●環境変数の設定(Windows 7)

 HSPから使いたい場合など、必要に応じて、バイナリがあるフォルダ(例えば、"C:\msys32\mingw32\bin")にパスを通す。

 「システムのプロパティ」コントロールパネルの「詳細設定」タブを開き、「ユーザー」または「システム」どちらかのpath環境変数にバイナリがあるフォルダのパスを追加する。パスとパスの間には必ずセミコロンを入れるように注意する。

 普通にC言語から使う場合は、これ以外の作業が必要かもしれません。

 HSPから使う場合については、インストール関連など一部の情報が未更新ですが、HSPからGTK+を使うためのチュートリアルのページも参考にしてみてください。
posted by chrono at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング全般

2015年07月11日

Linux Journalの記事"The Usability of GNOME"

 電子書籍としても発行されている雑誌Linux Journalの2014年12月号に、"The Usability of GNOME"という記事が載っていた。

 記事には、筆者の考えに基づいた「ユーザビリティ・テストとは何か」、「オープンソース・ソフトウェアにおけるユーザビリティ・テストの特徴」といったことや、筆者が関わって実際に行われたGNOMEのユーザビリティ・テストの具体的な手順や、その結果および評価などが書かれている。


Linux Journal December 2014 (English Edition)
posted by chrono at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング全般

2014年10月25日

アスキーの『プロフェッショナル シェルプログラミング』電子化

 1996年に出版された、アスキーの書籍『プロフェッショナル シェルプログラミング』が電子化されてます。

プロフェッショナル シェルプログラミング

 先日まで、特別の割引価格で販売されていたようで、自分はKindle版を700円で購入できました。

 合わせて、Windows用のフリーウェアをひとつ紹介します。UNIX系OS環境ではおなじみのコマンドラインシェルのbashを、Windows NT以降のOSで利用できるwin-bashです。公式サイト



 win-bashは、別途DLLを入手する必要なく単独のバイナリで動作する、bashのWindows移植版のひとつです。インタラクティブに使えるのはもちろんシェルスクリプトの実行も可能です。というよりも、開発の主な目的はむしろ、Windowsでシェルスクリプトを実行するできるようにすることらしいです。シェル自体のバイナリに加えて、多数の外部コマンドが添付されています。

 主な特徴はまず、ドライブレターを含めてファイルパスを記述できることです。例としては、"c:/user/foo"などとします。UNIX系OS環境でのように"/"からパスを始めることもできますが、その場合は、カレントドライブのルートディレクトリからのパスとみなされます。

 さらにもうひとつの特徴は、シェルスクリプトのいわゆるshebangの扱いについてです。shebangでインタプリタが指定されている場合には、パス末尾のコマンド名に".exe"を付加した名前のファイルを、PATH環境変数に記述されているディレクトリから検索してそのプログラムでシェルスクリプトを実行します。

 win-bashは、シェルプログラミングの勉強目的などで気軽にインストールして使えるプログラムだと思います。ただし、日本語ファイル名を扱えないようなので注意してください。

関連リンク一覧:
 win-bash公式サイト
 『プロフェッショナル シェルプログラミング』Kindle版
posted by chrono at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング全般

2014年09月16日

How to show links to your Gists in your GitHub account page

1. Create new "MyGists" repository on your GitHub account.
2. Write links to your Gists on the README.md of the repository.
タグ:Github Gist
posted by chrono at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング全般

2014年08月31日

テキストエディタのMeryをアップデートしてみた



 自分はRubyプログラミング用のエディタとしてフリーウェアのMeryを使わせてもらってるんですが、なぜか開発停止になっていると思い込んでいて、ずっとバージョン1系を使っていました。ところがついさっき、まだバージョンアップされ続けていると偶然知って、喜んでアップデートしてみました。

 バージョン(ビルド)2系に上げてみて一番目についた変更は、コード色分け(ハイライト)機能のパワーアップです。色設定を8個まで登録でき、それぞれに対して自由に文字列を追加できます。しかも文字列に正規表現を含めることができます。

 自分は、インスタンス変数・クラス変数の色分けとRuby-GNOME2プログラミング用に、「編集モードの設定」コマンドから以下の文字列を追加しました。色の割り当ては、個々の項目の色設定番号をクリックすることで変更できます。

@[a-zA-Z_] #単語のみ・正規表現 オン
@@[a-zA-Z_] #単語のみ・正規表現 オン
Gtk[a-zA-Z_:]* #単語のみ・正規表現 オン
Gdk[a-zA-Z_:]* #単語のみ・正規表現 オン
GLib[a-zA-Z_:]* #単語のみ・正規表現 オン


 2系は他にも、開発環境が新しいためなのか、Windows7での動作時にメニュー項目のレイアウトが窮屈でなく操作しやすかったり、「アウトプットバー」という機能が搭載されていたりします。

MeryWiki
posted by chrono at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング全般

2014年08月06日

ソフト開発関連Podcastがよりどりみどりのポータルサイト: PlayerFM(英語)



PlayerFM

 サイト全体としてはIT関連限定というわけではないのですが、ソフト開発関連だけでも非常に多くのPodcastが登録されています。

 PlayerFMでは、まずメインカテゴリのひとつに"Technology"があり、その下に"IT Industry"、"Operating Systems"、"Software Development"というサブカテゴリがあります。そして、メイン、サブそれぞれのカテゴリで、テーマごとにさらに分類された形で個々のPodcastがリストされています。

 まずはBGM代わりに気楽に聴いてみてはいかがでしょうか。(今のところ自分も完全にこの目的で聴いています)

 ちなみに、PlayerFMはアンドロイドアプリとしてもサービスを提供しているようなので、気になる方は公式ブログを覗いてみてください。

Player FM Blog
posted by chrono at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング全般