2016年07月02日

FireGesturesスクリプト: 任意の位置・サイズを指定して新しいウィンドウを開く #javascript #firefox

Firefoxの現在のUI設定を引き継いだウィンドウを開いてくれる。

var win  = OpenBrowserWindow();

win.addEventListener("load", function() {
setTimeout(function() {
win.moveTo( 200, 30 );
win.resizeTo( 1366, 1000 );
}, 0);
}, false);

posted by chrono at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | JavaScript

2014年07月14日

[読書メモ] "Thinking in JavaScript"



 無料のKindle本"Thinking in JavaScript"を読んだ。

Thinking in JavaScript

 JavaScriptとjQueryについて習熟への道の入口に立たせてくれる本。

 あくまでそれだけの本だが、短時間で読み切ることができ、途中で道に迷うことはない。

 ぶっちゃけ、出版社の名前を覚えてもらうための販促物でもあるが、初めの一歩を踏み出すとっかかりにはなる。

 内容は、JavaScriptについては、ウェブページへの組み込み方法、変数のスコープ、いくつかの演算子、基本的な制御構文、関数の書き方、オブジェクトの基本構造、配列の基本的な使い方、などを説明している。

 jQueryについては、導入方法、jQueryでのDOM要素へのアクセス方法、などを説明している。

Thinking in JavaScript
posted by chrono at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | JavaScript

2014年07月07日

Enable to scroll web pages dragging in the blank area with Javascript

This is the code.

var in_dragging = false;
var posx = 0;
var posy = 0;

document.onmousedown = onMousedown;
document.onmousemove = onMousemove;
document.onmouseup = onMouseup;
document.onselectstart = function(){return false;}; // disable selection (for Chrome)

function onMousedown( event ) {
posx = event.clientX;
posy = event.clientY;
if ( event.button == 0 ) {
in_dragging = true;
// return false; // disable selection (for FireFox)
}
}

function onMousemove( event ) {
if ( in_dragging == true ) {
window.scrollBy( 0, ( event.clientY - posy ) * 2 );
posx = event.clientX;
posy = event.clientY;
}
}

function onMouseup( event ) {
in_dragging = false;
}

posted by chrono at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | JavaScript

[Javascript] ウェブブラウザでページの余白を引っぱってスクロール

 Adobe Readerみたいに文書の上でドラッグしてスクロールできるようにするためのJavascript。ChromeとFirefoxで動作を確認。Firefoxではコメントアウト部分を有効にする。

var in_dragging = false;
var posx = 0;
var posy = 0;

document.onmousedown = onMousedown;
document.onmousemove = onMousemove;
document.onmouseup = onMouseup;
document.onselectstart = function(){return false;}; // disable selection (for Chrome)

function onMousedown( event ) {
posx = event.clientX;
posy = event.clientY;
if ( event.button == 0 ) {
in_dragging = true;
// return false; // disable selection (for FireFox)
}
}

function onMousemove( event ) {
if ( in_dragging == true ) {
window.scrollBy( 0, ( event.clientY - posy ) * 2 );
posx = event.clientX;
posy = event.clientY;
}
}

function onMouseup( event ) {
in_dragging = false;
}
posted by chrono at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | JavaScript

2014年04月21日

FireGestures用にページ半分だけスクロールするスクリプトを書いてみた

Firefoxの拡張機能FireGesturesで、自分で書いたJavascriptコードをコマンドとして追加できるということを今更知って、以前から欲しかったページ半分だけ下にスクロールするスクリプトを書いてみた。

FireGesturesでは、実行したいコードをいきなり書いてしまってよいとのことなので、

window.scrollBy( 0, window.innerHeight / 2 );


とか書けばいけるだろうと思ったのだが、動かない。

例えばGreasemonkeyだと、イベントに結びつけるコードなどを除けばこれで動くのでおかしいなあと思い、ぐぐって調べた結果、"window"の部分を"window.content"と書かなければいけないと分かり、

window.content.scrollBy( 0, window.content.innerHeight / 2 );


で無事動いてくれた。
posted by chrono at 19:21| Comment(0) | JavaScript