2017年09月22日

タワーディフェンスジャンルの良作ゲーム ダンジョンキーパー モバイル版

20170922_dk_1

モバイル版のダンジョンキーパーは、ゲームメーカーの老舗、Electronic Artsがリリースしているダンジョン運営シミュレーションゲームです。プレイの基本要素は、「手持ちの資源を消費して、個性的な罠や部屋を効果的に配置し強固なダンジョンを構築」しつつ、「限られたリソースの中で召喚できるモンスターでパーティーを編成し他プレイヤーのダンジョンを襲撃、ダンジョン建設やモンスターの召喚に必要な資源を強奪」、それらの合間に「他プレイヤーのパーティーによる襲撃を、工夫して作り上げたダンジョンで迎え撃つ」という3つの作業になります。

マイダンジョンの構築

20170922_dk_2

ゲームの序盤では、ダンジョンを建設する地下空間はすべて岩でふさがれています。ダンジョン建設専門のモンスター「インプ」に命令を下し、必要な通路や部屋スペースを掘削しながら、資源が許す範囲で他プレイヤーのパーティーを返り討ちにするための罠や部屋を建設していきます。地下世界を掘り進むことでも資源を入手することができるので、それを使ってさらにダンジョン設備を増やすことができます。また罠や部屋は資源を使ってレベルアップすることも可能です。

他プレイヤーのダンジョンを襲撃して資源を強奪

20170922_dk_3

ある程度ダンジョン構築を進めると、さまざまな種類のモンスターを召喚して、ランダムに選択される他プレイヤーのダンジョンを襲撃できるようになります。襲撃では、スタート地点に手下モンスターを投下した上で、モンスターの能力・攻撃力や魔法の呪文の力を活用して、危険な罠や攻撃能力のある部屋が待ち受けるダンジョンを攻略していきます。襲撃開始から3分以内にダンジョンの心臓である「ダンジョンハート」の部屋を破壊するか、ダンジョン施設全体の51%を破壊することができれば「勝利」となります。もし勝利できなかった場合でも、ダンジョンの破壊度によってある程度の資源を手に入れることはできますが、勝利した時の方がその量は圧倒的に大きくなります。

20170922_dk_4

襲撃のルールとして、「一度投下した手下は種族ごとの性格に基づいて自動で行動する」、「呪文はいわゆるMPの範囲内でしか使えない」、「破壊した部屋は新たに手下を投下できるポイントになる」、「モンスター同士やモンスターと罠・部屋の間には種類によって相性がある」、「モンスターや敵の罠・部屋には攻撃の射程距離がある」などがあり、これらを踏まえてダンジョン攻略の戦術を練る必要があります。ちなみに手下のモンスターも、罠や部屋と同じように資源を使ってレベルアップさせることができます。

ダンジョン建設や襲撃の合間に自動処理されるダンジョン防衛

20170922_dk_5

ここまでで説明した2つの作業の合間に、他プレイヤーのパーティーがマイダンジョンを襲撃に来るのですが、この時自分の手下や罠・部屋を操作することはできません。基本的に敵パーティーは、自分がログアウトしている時間にやって来るので、この戦いの様子や結果は、後で再ログインした時にリプレイ(録画)で確認することになります。自分が作り上げたダンジョンで見事に敵パーティーをハメて殲滅できた時は、非常に爽快な気分になります。

その他のゲーム要素

20170922_dk_6

この他にも、ゲーム開発者が作ったダンジョンを襲撃するキャンペーンモードや、他プレイヤーと同盟を組むためのギルドシステム、そして週に1度開催される、ギルドシステムを活用したチーム対抗戦であるギルドトーナメントイベントなどが用意されており、飽きさせない作りになっています。

まとめ

20170922_dk_7

過去に発売されていたパソコン版のダンジョンキーパーは、自由気ままに行動する手下のモンスターの世話も含めて、いかに自分のダンジョンをうまく回していくかという点に力点が置かれたゲームでしたが、モバイル版は、いかに効果的なパーティーや戦術を駆使できるかや、いかにスキのないダンジョンを構築できるかに力点が置かれており、対戦要素が強調されています。またスマホでも楽しくプレイできるようにゲームの各要素がシンプルにまとめられている印象もあるので、今までご存じでなかった方もぜひ1度プレイしてみてください。

ダンジョンキーパー - Google Play の Android アプリ



Fire 7 タブレット (Newモデル) 8GB、ブラック
posted by chrono at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、雑文

2017年08月29日

健康麻雀(マージャン)の紹介

※ 作文の練習として書いてみた。といっても内容は嘘とかではない。

 健康は誰にとっても関心の高いテーマです。余暇を利用して、健康維持のために様々な活動をされている方も多いでしょう。この記事では、どなたでも趣味として簡単に始められるおすすめの活動、健康麻雀(マージャン)について紹介します。

【健康麻雀とは】

 健康麻雀とは、「賭けない・飲まない・吸わない」をキーワードに、認知症予防や脳トレといった健康目的、あるいは共通の趣味を通じた健全な出会い・交流を目的として楽しむ麻雀のことです。

【どうやって始めるの?】

 健康麻雀を始めるには、おもに、全国的に健康麻雀を推進している日本健康麻将(マージャン)協会が主催する大会・遊戯会や教室に参加する方法と、地方ごとの協会・雀荘・サークルなどが主催する大会・遊戯会や教室に参加する方法があります。地方によっては自治体みずからが主催・後援するものも見つけることができます。

 日本健康麻将協会のホームページでは、協会主催の大会である「全国オープン戦」や、定期的に遊戯会や麻雀教室を開催している協会公認の開催会場についての詳細な情報を閲覧することができます。

 またGoogle検索で、「(地名) 健康麻雀」などと検索すれば、地方ごとの健康麻雀関連の協会や雀荘・サークルなどの情報や、さらにそれらが主催する大会・遊戯会や教室の情報について詳しく知ることができます。

【健康麻雀のマナー】

 これまでに紹介した、大会・遊戯会や教室に参加するにあたって、覚えておいた方がよいこと、気をつけた方がよいことを少し説明しておきましょう。

 といっても、そう堅苦しく考える必要はありません。皆で気持ちよく麻雀を楽しむために最低限の礼儀やマナーを守りましょうといった程度のものです。

 一般的なところでは、だらしない格好はしない、きちんと挨拶をする、自分に厳しく人に優しく、など。マージャンの遊び方については、対局中に道具を乱暴に扱わない、鳴きやリーチや上がりの宣言はハッキリとするなどといったことです。

 上で紹介した日本健康麻将協会のホームページにも遊戯中のマナーについて書かれたページがありますので参考にするとよいでしょう。

【さいごに】
この記事では、従来とは違う明るいイメージの麻雀、健康麻雀について紹介させていただきました。この記事をきっかけに、麻雀が好きな人が増えてくれたらうれしいです。
posted by chrono at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、雑文

2017年03月22日

Googleマップを活用した集団ストーカー被害者としての情報発信のすすめ

 PCから利用できるウェブ版のGoogleマップには、すきな場所にしるしを付けて、その場所についての説明を加えた地図を作ったり、さらにそのオリジナルの地図を他人と共有することができる、マイマップという機能があるのを知っていますか?

 この記事では、Googleマップを活用して集団ストーカー被害者としての情報発信を行う方法を提案します。

 一言で言えば、自分の集団ストーカー被害の記録をマイマップに書き込んで、それを公開してしまおうということです。

 具体的に説明します。まずは被害の記録の方法ですが、スマホがあれば、スマホ版Googleマップのマイプレイス機能で地点の記録は簡単にできます。地図の任意の地点を長押しして出てくる画面で保存ボタンを押します。するとリストの選択画面が出てくるので、既存のどれかを選ぶか新規に作成します。地点以外の、発生時間や嫌がらせの内容などの情報は、テキスト、ボイス、頭に記憶、などの形で別に記録しておきます。

 次にマイマップの作成ですが、PCなどで自分のアカウントにログインした上でウェブ版のGoogleマップを開きます。開いたら、左上の3本棒のボタンを押して表示されるメニューで「マイプレイス」を選択します。するとマイプレイスのエリアが開きますので、「マイマップ」タブをクリックしてそこにある「地図を作成」ボタンを押してください。つづいて別ウィンドウで編集用の地図が開かれ、そこで地図に名前を付けたり、「マーカーを追加」(しるしを付ける)したり、追加したマーカーに説明(たとえば発生日時や嫌がらせの内容)を入力したりすることができます。スマホ版のGoogleマップで保存したマイプレイスデータを自動で反映することはできないので、手作業でマーカーを付け直すことになります。地図の公開・共有に関する設定は「共有」ボタンを押して行うことができます。

 さて、マイマップの使い方は以上ですが、実際に地図を作ってそれを公開するとなると、多少なりとも個人情報を公開する側面もありますので、躊躇する方もいらっしゃるかもしれません。ただ、集団ストーカー被害者としての自分の立場を振り返ってみれば、加害者集団に対しては、今の時点で既に顔(とおそらく名前も)知られてしまっていて、いわば知名度100%なわけです。一方、ストーカーに関係していない第三者に対しては、個人的に告白でもしていない限り、集団ストーカー被害者としての知名度はゼロに等しいはずです。この今の状態って非常に不利で危険な状態だとは思いませんか?

 マップに書きこんだ情報がどれだけ他人の参考になるかはわかりませんが、私の個人的な考えでは、被害者自身が情報発信することによって、「集団ストーカー被害者」という存在の知名度、さらにできれば、集団ストーカー被害者としての自分個人の知名度を上げて、この危険なバランス・力関係を少しでもひっくり返すことが大事なのではないかと思っています。

 無理をして現住所などを公開せず、過去に住んでいた場所での記録を公開するだけでもいいと思いますし、マップの形でなくてもいいと思います。

 自分でも試しにマップを作って、YouTubeチャンネルも始めました。「集団ストーカー被害者」という存在の知名度を上げるために少しずつ情報発信をつづけています。
posted by chrono at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、雑文

2016年11月12日

創価学会信者によるギャングストーキングのひとつのやり口

「巧妙な手口の通り魔」

 通り魔というのは、あからさまな形でやらかせば犯罪として追及されるものですが、犯罪になりにくい形でもいくらでも仕掛けることができます。「犯罪になりにくい」とは、たとえば「物理的な攻撃はよほど安全に逃げられる場合以外はせずに、表面的にはあくまで偶然・アクシデント・故意ではないミスなどを装いつつ、ビックリさせる・カッとさせる・イラッとさせるなどの精神的なストレスを与える行動を取る」というやり方です。

 偶然やアクシデントなどを装って仕掛けるという部分は「当たり屋」と似ていますが、当たり屋は精神的ショックに乗じて不当に金をふんだくるのが目的なのに対して、創価信者は、相手に精神的にダメージを与えて、最終的には精神的に病んでしまうところまで相手を追い詰めること自体を目的に通り魔を(繰り返し)実行します。また被害者にだけは悪意を悟られてもかまわない・むしろアピールしたいと思っています。

 こういうやり方が単に個人間の喧嘩のテクニックとして使われることはそれなりにあるかもしれないとは思いますが、これを完全にシステム化した上で複数人で連携することによって、最適なタイミングを見計らって(あるいは最適な状況を作り出して)実行したり短時間に連続で実行したりするのが創価の特徴です。

 システムと断言しているのは、集団ストーカーやギャングストーキングなどと呼ばれる既に有名な手口だからです。集団ストーカー・ギャングストーキングについては、たとえばこのページからリンクされているサイトにまとめられています。

 上記の犯罪になりにくい通り魔の怖いところは、第三者に気づかれにくくなおかつ不意打ち・闇討ちという卑怯な手段を用いているというだけでなく、何回も被害を受けているうちに、本当に偶然・アクシデントで起きたことまでも嫌がらせを受けたと被害者が錯覚して余分な精神的ストレスを積み増していく癖がついてしまう危険があることです。

「集団ストーカーの具体例」

 単純なパターンの例としては、一人が一番効果的なタイミングを計ってキューを出すまたはその他の役割をするための見張り役をやり、もう一人がキューが出たタイミングで物陰(ドアや曲がり角の向こう側)や暗がりから不必要に勢い良く飛び出してきてターゲットの人間をビックリさせるというやり口があります。「不必要に」というのが大きな特徴です。

 これくらいのことは一人でもできなくはないんじゃないかと言われるかもしれないし、実際そういうケースもあるとは思います。ですが、それでも不特定多数の相手にやられれば十分集団ストーカー・集団通り魔と呼ぶべきものですし、そもそもターゲットの顔写真などを共有していないとそんなことはできません。加えて、毎回(ターゲットが油断してさえいれば)一番効果的なタイミングで命中させてくるというのは明らかに異常です。また実際やられた時に、「ああ、こいつが見張り役だったんだな」と気づく場合もあります。さらにこの作戦の前提として、ターゲットがいつ・どこへ外出するかなどを監視・追跡する人員や仕組みも必要です。

「さいごに」

 彼らは、自分たちがやっていることを第三者に知られないようにすることには気を使いますが、ターゲットに悪意を悟られることについては無頓着どころか精神的なストレスを増す効果を狙ってか積極的にアピールすることさえします。こういう嫌がらせのテクニックについては、記事中で紹介したリンク先のサイトで詳しく解説されています。

 こういう一連のことをやってれば、そりゃ創価学会員であることを公言することなんてできないし隠したくもなりますよねえ。つまり、やましいことをやっている自覚があるから隠してるんですよね? 信者のみなさん。
posted by chrono at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、雑文

2016年04月14日

MSYS2のGTK+関連その他諸々のパッケージがアップデート

 されてる。GTKが3.20になってたりした。

 WebKitGTK+なんかもアップデートされてたが、適用直後はViewをウィンドウに貼り付けて表示するだけならHSPからでも動いたのに、PCを再起動したりした後に再度試したらなぜか動かなくなってた。

 思い当たることと言えば、Windows Updateくらいしかないが、そんなんで動かなくなったりするんだろうか。復元ポイントで戻すとしてもアンチウィルスソフトを一時的に止めなきゃいけないようで、面倒なので諦めた。
posted by chrono at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、雑文

2016年04月09日

圧縮

 最近週刊プレイボーイで、JTB時刻表編集裏話みたいな記事を読んだ。時刻表と言えば、コンパクトなサイズのページにみっちりと細かく列車運行スケジュールが書き込まれているあれ。時刻表はページ数を制限内に収めるために、毎号苦労して情報の詰め込み方を工夫してスペースを節約しているらしい。

 プログラミングでも例えば、動作環境に制限があるもしくは単にリソースを節約したい性能にこだわりたいなどの理由で、ソースコードやバイナリのサイズ、実行中のメモリ使用量、生成するデータファイルのサイズ、などを圧縮する仕組みや工夫をプログラムに組み込むのはよくある話だし、圧縮の仕組みそのものがメインの機能だったりすることさえある。
posted by chrono at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、雑文

2015年06月01日

10インチ中華Pad買ってみた

 今まで、KEIANの7インチのタブレット、M704S PROを使っていたが、画面の小ささから電書を読むのがどうしてもつらくて、AmazonでQ94という新しい10インチのを買ってしまった。購入時点で11,500円。

 画面の解像度は600*1024と、M704Sと同じだが、画面サイズが大きくなってるので、電書は格段に読みやすい。表示文字サイズを小さくして表示文字数を増やせたり、画像データの細かい部分がある程度見やすくなったりしてるので。あと、本体サイズのおかげもあるだろうけど、電池のもちが全然違う。

 逆に気になるところは、当たり前だけど重い。M704Sも大きさの割にズッシリ感があったけど、Q94はサイズアップの分だけ倍増してる。また、M704Sとの相対的なものだけど、ドットが大きい分画面表示が粗く感じる。さらに、Kindleの電書の場合、マンガでコマが小さいもの、書き込みが細かいものなどは、ページ全体表示で読むのがまだ若干つらいし、画像データ系の雑誌はほぼ無理。自分はタブレットを買う時は値段重視なので、トレードオフとして納得できるし、慣れちゃうと思うけど、使い心地重視の人は、解像度が1ランク以上上のものを選んだ方がいいと思う。

posted by chrono at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、雑文

2015年05月25日

作業日誌

 Windows用GTK+のウィジェット間ドラッグ&ドロップ機能の正しい使い方がいまいち把握できない。一番簡単に使おうと思ったら、とりあえずdrag-data-getシグナルとdrag-data-receivedシグナルのハンドラを書いとけばいいのかな。

 actionにCOPYとMOVEを指定しとくと、IconViewからのShiftキーを押しながらのドラッグで移動モードが動作するみたいだけど、そこはCtrlキーじゃないのか?

(追記)

 「Shiftキーで移動」は、例えばWindowsのエクスプローラでも同じだったので、上記の訂正部分は気にする必要はなかった。

 違和感は別のところに原因があった。

 Windowsのエクスプローラでは、アイコン選択のための最後のクリックで一度マウスボタンを放して、ドラッグのためのクリックは別にやり直すことができるが、GTK+の現在のWindows向けバイナリ版(3.6.4)のIconViewでは、アイコン選択時の最後のクリックで押したマウスボタンを放さずにそのままドラッグ操作を始めなければならない。そうしないと、アイコンの選択状態が変わってしまう。

 この仕様があるために、アイコンを複数選択するためのShift/Ctrlキー操作がドラッグ&ドロップのモード(移動orコピー)にも影響してしまう。つまり、一度のShift/Ctrlキー操作の中で、押す時と放す時で別のことを考えなければならない。これはかなり面倒だ。

 最新のソースコードで、このあたりどうなっているのか、自分では今のところちょっと確認できない。
posted by chrono at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、雑文

2015年04月05日

作業日誌

 『HSPからGTK+を使うためのチュートリアル』用に、GtkIconViewウィジェットの基本的な説明とサンプルプログラムを書いた。サンプルプログラムは、一応エラー吐かずに動いてるけど、メモリ開放系の関数を使ってるので、ちゃんと書けてるか不安。
posted by chrono at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、雑文

2015年01月26日

作業日誌

 GtkFontChooserDialogのサンプルプログラム作成。

 やっぱbinフォルダにPATHを通さずに使おうとするのは、不毛なんだろうなあ。Windows向けGTK+アプリケーションを他人に使ってもらう時は、バンドルアーカイブもダウンロードしてもらうのが一番簡単?
posted by chrono at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、雑文