2018年11月15日

2018年11月14日のつぶやき


posted by chrono at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、雑文

2018年11月06日

2018年11月05日のつぶやき




posted by chrono at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、雑文

2018年11月05日

【創価】 自分の部屋だけに屋外の騒音が異常に突き抜けて入ってくる原因 【集団ストーカー】

自分の部屋だけに屋外の騒音が異常に突き抜けて入ってくる原因がわかった。おそらくベランダに出るためのガラス戸のサッシの、開け閉めする際に枠と接する部分にはめ込まれているゴムパッキンが数センチ切り取られていたせい。

見つけたときはまさかこんなことが原因になるとは思えなかったが、ダメ元でゴムパッキンが欠けているところにありあわせのスポンジを詰め込むと、実感できるくらいの効果があって驚いた。

犯人は当然創価構成員の母親だろう。
posted by chrono at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、雑文

2018年09月30日

2018年09月29日のつぶやき


posted by chrono at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、雑文

2018年09月06日

2018年09月05日のつぶやき


posted by chrono at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、雑文

2018年09月02日

2018年09月01日のつぶやき


posted by chrono at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、雑文

2018年04月10日

集団ストーカー被害日記 20180410

 以前にも少しあったのだが、屋外を通る車がマフラーをふかすのと同時に床を振動させる嫌がらせをまたされ始めた。

 うちは鉄筋コンクリート造りの集合住宅の5階の部屋なので、ちょっとした道路工事のような不快で大きな振動が床から伝わってくるというのは、明らかにおかしい。ネットの噂では創価は離れた場所から物体を振動させることができる装置を使用しているなどという話を見たりするが、案外真実なのかもしれないとも思う。分厚いコンクリの床づたいにやっていると考えるのも違和感がなくもない。ただし体感としては階下からやられているようにしか感じない。

 いずれにしても、マフラーをふかすタイミングと完全にシンクロできるのが謎すぎる。まさかマフラー音すら人工的に作り出している?
posted by chrono at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、雑文

2018年02月20日

やりすぎ民間パトロールは集団ストーカー

 創価学会の構成員であるか否かに関わらず、民間パトロールによる特定の個人の尾行・監視に加担している人は今すぐやめましょう。それは集団ストーカーです。いつか日本でも集団ストーカーが犯罪として扱われるようになる日が必ず来ます。日本以外の先進国ではとっくにそうなっているのですから。

 指名手配犯であるわけでもない人に対するやりすぎ民間パトロールは集団ストーカーです。たとえそれが警察からの依頼であったとしてもです。警察官であれ誰であれ、そのようなことを依頼・主導する人がいたら、その人は創価学会の構成員か創価学会の意向を受けた人である可能性が高いです。

 創価学会主導によるやりすぎ民間パトロールを含む集団ストーカーの特徴は、ターゲット(被害者)に対して尾行・監視していることを積極的にアピールしたり、その他の偶然を装った第三者には気づかれにくい嫌がらせを行うことによって被害者に精神的なダメージを与え、精神的に追い込み、ひいては人生をつぶすことが主な目的であることです。

 やりすぎ民間パトロールは集団ストーカーであり、集団ストーカーは別名ギャングストーキングと呼ばれることから分かるようにギャングやマフィアが用いる犯罪的な攻撃方法です。そのような活動に加担するのは今すぐやめましょう。
posted by chrono at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、雑文

2017年09月22日

タワーディフェンスジャンルの良作ゲーム ダンジョンキーパー モバイル版

20170922_dk_1

モバイル版のダンジョンキーパーは、ゲームメーカーの老舗、Electronic Artsがリリースしているダンジョン運営シミュレーションゲームです。プレイの基本要素は、「手持ちの資源を消費して、個性的な罠や部屋を効果的に配置し強固なダンジョンを構築」しつつ、「限られたリソースの中で召喚できるモンスターでパーティーを編成し他プレイヤーのダンジョンを襲撃、ダンジョン建設やモンスターの召喚に必要な資源を強奪」、それらの合間に「他プレイヤーのパーティーによる襲撃を、工夫して作り上げたダンジョンで迎え撃つ」という3つの作業になります。

マイダンジョンの構築

20170922_dk_2

ゲームの序盤では、ダンジョンを建設する地下空間はすべて岩でふさがれています。ダンジョン建設専門のモンスター「インプ」に命令を下し、必要な通路や部屋スペースを掘削しながら、資源が許す範囲で他プレイヤーのパーティーを返り討ちにするための罠や部屋を建設していきます。地下世界を掘り進むことでも資源を入手することができるので、それを使ってさらにダンジョン設備を増やすことができます。また罠や部屋は資源を使ってレベルアップすることも可能です。

他プレイヤーのダンジョンを襲撃して資源を強奪

20170922_dk_3

ある程度ダンジョン構築を進めると、さまざまな種類のモンスターを召喚して、ランダムに選択される他プレイヤーのダンジョンを襲撃できるようになります。襲撃では、スタート地点に手下モンスターを投下した上で、モンスターの能力・攻撃力や魔法の呪文の力を活用して、危険な罠や攻撃能力のある部屋が待ち受けるダンジョンを攻略していきます。襲撃開始から3分以内にダンジョンの心臓である「ダンジョンハート」の部屋を破壊するか、ダンジョン施設全体の51%を破壊することができれば「勝利」となります。もし勝利できなかった場合でも、ダンジョンの破壊度によってある程度の資源を手に入れることはできますが、勝利した時の方がその量は圧倒的に大きくなります。

20170922_dk_4

襲撃のルールとして、「一度投下した手下は種族ごとの性格に基づいて自動で行動する」、「呪文はいわゆるMPの範囲内でしか使えない」、「破壊した部屋は新たに手下を投下できるポイントになる」、「モンスター同士やモンスターと罠・部屋の間には種類によって相性がある」、「モンスターや敵の罠・部屋には攻撃の射程距離がある」などがあり、これらを踏まえてダンジョン攻略の戦術を練る必要があります。ちなみに手下のモンスターも、罠や部屋と同じように資源を使ってレベルアップさせることができます。

ダンジョン建設や襲撃の合間に自動処理されるダンジョン防衛

20170922_dk_5

ここまでで説明した2つの作業の合間に、他プレイヤーのパーティーがマイダンジョンを襲撃に来るのですが、この時自分の手下や罠・部屋を操作することはできません。基本的に敵パーティーは、自分がログアウトしている時間にやって来るので、この戦いの様子や結果は、後で再ログインした時にリプレイ(録画)で確認することになります。自分が作り上げたダンジョンで見事に敵パーティーをハメて殲滅できた時は、非常に爽快な気分になります。

その他のゲーム要素

20170922_dk_6

この他にも、ゲーム開発者が作ったダンジョンを襲撃するキャンペーンモードや、他プレイヤーと同盟を組むためのギルドシステム、そして週に1度開催される、ギルドシステムを活用したチーム対抗戦であるギルドトーナメントイベントなどが用意されており、飽きさせない作りになっています。

まとめ

20170922_dk_7

過去に発売されていたパソコン版のダンジョンキーパーは、自由気ままに行動する手下のモンスターの世話も含めて、いかに自分のダンジョンをうまく回していくかという点に力点が置かれたゲームでしたが、モバイル版は、いかに効果的なパーティーや戦術を駆使できるかや、いかにスキのないダンジョンを構築できるかに力点が置かれており、対戦要素が強調されています。またスマホでも楽しくプレイできるようにゲームの各要素がシンプルにまとめられている印象もあるので、今までご存じでなかった方もぜひ1度プレイしてみてください。

ダンジョンキーパー - Google Play の Android アプリ



Fire 7 タブレット (Newモデル) 8GB、ブラック
posted by chrono at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、雑文

2017年08月29日

健康麻雀(マージャン)の紹介

※ 作文の練習として書いてみた。といっても内容は嘘とかではない。

 健康は誰にとっても関心の高いテーマです。余暇を利用して、健康維持のために様々な活動をされている方も多いでしょう。この記事では、どなたでも趣味として簡単に始められるおすすめの活動、健康麻雀(マージャン)について紹介します。

【健康麻雀とは】

 健康麻雀とは、「賭けない・飲まない・吸わない」をキーワードに、認知症予防や脳トレといった健康目的、あるいは共通の趣味を通じた健全な出会い・交流を目的として楽しむ麻雀のことです。

【どうやって始めるの?】

 健康麻雀を始めるには、おもに、全国的に健康麻雀を推進している日本健康麻将(マージャン)協会が主催する大会・遊戯会や教室に参加する方法と、地方ごとの協会・雀荘・サークルなどが主催する大会・遊戯会や教室に参加する方法があります。地方によっては自治体みずからが主催・後援するものも見つけることができます。

 日本健康麻将協会のホームページでは、協会主催の大会である「全国オープン戦」や、定期的に遊戯会や麻雀教室を開催している協会公認の開催会場についての詳細な情報を閲覧することができます。

 またGoogle検索で、「(地名) 健康麻雀」などと検索すれば、地方ごとの健康麻雀関連の協会や雀荘・サークルなどの情報や、さらにそれらが主催する大会・遊戯会や教室の情報について詳しく知ることができます。

【健康麻雀のマナー】

 これまでに紹介した、大会・遊戯会や教室に参加するにあたって、覚えておいた方がよいこと、気をつけた方がよいことを少し説明しておきましょう。

 といっても、そう堅苦しく考える必要はありません。皆で気持ちよく麻雀を楽しむために最低限の礼儀やマナーを守りましょうといった程度のものです。

 一般的なところでは、だらしない格好はしない、きちんと挨拶をする、自分に厳しく人に優しく、など。マージャンの遊び方については、対局中に道具を乱暴に扱わない、鳴きやリーチや上がりの宣言はハッキリとするなどといったことです。

 上で紹介した日本健康麻将協会のホームページにも遊戯中のマナーについて書かれたページがありますので参考にするとよいでしょう。

【さいごに】
この記事では、従来とは違う明るいイメージの麻雀、健康麻雀について紹介させていただきました。この記事をきっかけに、麻雀が好きな人が増えてくれたらうれしいです。
posted by chrono at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、雑文