2015年12月23日

MSYS2環境でVala言語でプログラミング

 この作業を行った後、MSYS2環境でValaコードをコンパイルできるようにしたくて、mingw32用のtoolchainとvalaをインストールしてvalacを動かしたが、プログラムが足りないぽいエラーが出て失敗。

 -vオプションをつけて、再度valacを実行すると、存在しないccコマンドを起動しようとしてコケてる模様。そこで、--cc=gccオプションを追加して再度実行。無事、最低限のValaソースから実行ファイルをビルド成功。これでValaでもGTK+プログラミングして遊べそうだ。

 ちなみに、和書でも洋書でも刊行数が少ないGTK+プログラミング本。唯一(?)GTK+3対応のタイトルがこれ(↓)。なぜかサンプルコードの対応言語がValaとJavaScriptという変わった一冊。


GNOME 3 Application Development Beginner's Guide

 最近Valaプログラミング入門的な動画をチラッと見てみたら、その中でしゃべってる人がValaをヴァラと発音していた。てっきりヴェイラだと思ってた。ヴェイラの方がかっこ良くない?
posted by chrono at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170399733
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック