2014年09月17日

AutoHotKeyでWindows Media Playerの[リストの表示]/[リストの非表示]コマンドにキーボードショートカットを設定する

 下のコードをahkファイルとして保存しておいて、Windowsの起動時などにAutoHotKeyで実行すると、Windows Media Playerがアクティブな時に[F12]/[F6]キーでコマンドを実行できるようになります。(プレイビュー表示時)



 このノウハウは、ある程度ユニークなウィンドウタイトルを持つプログラムの、標準のメニューバーやコンテキストメニューから実行するコマンドであればどれにでも適用することができます。個々のメニューのIDは、たとえばWinspectorというプログラムを使って調べます。

 ちなみにこの記事のコードはGistというサービスで保存したものを貼り付けています。Gistでコードを保存すると、それを色分け表示機能付きでウェブページに埋め込むためのタグを同時に生成してくれるので便利です。
【AutoHotKeyの最新記事】
posted by chrono at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | AutoHotKey
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103700612
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック